FC2ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

 

 

ツルの夢を見て買いに走った
宝くじは外れた
がっかりしたけれど
この秋第一陣のツルが
出水に渡来したみたい

ツルに会いに行くのは
少し先になるけれど
いまのわたしは
勤務先でアオサギが
観察できるという環境で
アオサギを見つける度に
ひとり小躍りしている

事務所の前を
流れる河畔をなわばりとする
アオサギは数羽いて
毎日決まった場所に佇んで
川面の魚を獲ったり
羽繕いをしたり
悠々と羽ばたいて
河岸を変えて
また狩りに挑む

アオサギの他にも
いろんな鳥が観察出来て
昨日は鳶が川の上を何度も
旋回して高度を上げて
高く舞い上がって行った

いつも強気で
自分より大きいアオサギにも
ちょっかいを出すカラスが
すぐ傍を突っ切ったので
空中戦になるかと思ったけど
猛禽類の鳶には素通りだった

緑を湛える公園と川があるだけで
都会の真ん中で毎日頻繁に
多くの鳥が往来しているけれど
興味が無い人にとっては
見慣れた景色と同様に
気にも留めないのであろう

そんな取るに足らない鳥が
木の実を食べて
食べた木の実から
消化されない種を落とし
新しい緑が芽生え
命の源となる水を湛える森を作る

森の一筋の源泉が小川となり
山を下り川になり海へ流れる

自然がサイクルして
わたしたち人類の営みが
支えられている

鳥が神さまの遣いだと
言われる所以は
そこにあるのだろうな
スポンサーサイト

category:

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。