FC2ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

わたしはげぼく 

 

もう一度下僕になってもいいなぁ
そう考えた数日後
朝刊広告で目に留まったのは
「わたしのげぼく」という
猫を主人公にした絵本

なんというシンパシー!
シンクロを感じて
昼休みは本屋に走った

物語は飼い主を「げぼく」と呼ぶ猫が
最初から終わりまで上から目線で
ちいさな男の子から
少年に成長する時間を共に過ごし
飼い主の元を旅立つ瞬間も
旅立った後も上から目線で語られる

そんな偉そうな猫が実は
げぼくと呼ぶ飼い主を深く想う物語

本を手に取ったときは
ぜったいに号泣するので
目が腫れるのを避けるため
読むのは休み前にしようと決めた

週末に思い切り泣いて
涙活ですっきりデトックス
そう心に決めていたはずが
心に決めていたのに
本日の予定がキャンセルになり
暇を持て余したので読んでみたら
これがまったく泣けなかった!

わたしが猫と
暮らした事が無いから
猫の魅力を知らないから???
・・・・だと思う

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わたしのげぼく [ 上野そら ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/9/27時点)





自分の世話をしてくれる人間の事を
「自分は神だから」と猫は思い
対照的に犬は「人間を神」と思う
そういう話を思い出した

わたしはやっぱり犬派
そしてその本を手にしたその日
あまつさえ下僕になってもいいと
一惚れしたそのわんこと
お友達になる事が出来た!!

いっぱい撫でさせてくれて
いっぱいお腹を見せてくれた
そうしたらそのわんこにわたしが
どうして一目惚れしたのかがわかった
死んだ愛犬にとてもよく似ているのだ

茶色い瞳
媚びのない目つき
飄々とした風格
むちむちとした肉感
短い尻尾に枯れ草色の短毛



耳に足を掛けて痒がれば
「ここ??ここですか??」
「背中は凝っていませんか?」
「首は痛くないですか??」
頼まれてもいないのに
自ら下僕ぶりを発揮ww

わんこの名前は「ハリー」!
ハリー君に一瞬でメロメロ
ハリー君がうちの子になってくれるならば
わたしは喜んで下僕になるだろう


だけどがるもハリー君も
わたしを「下僕」とは呼ばない

自らが下僕扱いをしなくとも
喜んで下僕になり下がるのは
わたし自身と知っているから



UqyIHhQUhvmzINE1506516011_1506516209.jpg

背中を向けてお尻だけひっつき虫
投げ出す足も
体高も毛色もそっくり!

ねぇがる?まるでキミの
生まれ変わりのようだよ!
スポンサーサイト

category: つれづれ

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。