FC2ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ムーミン谷の愉快な仲間とかうちの犬とか 

 

週末は家に引きこもって
思う存分惰眠を貪った

フカフカで温かくていい香りのする寝具にくるまる瞬間
いつもとても幸せな気持ちになる

金曜日の夜に深酒をしてしまったのは予定外だったけど
平日の疲れを深い眠りでたっぷり癒した後は
身体が喜ぶご飯を丁寧に作って食べた

そしてその後はひながいちにち
youtubeでアニメのムーミンを見た
なんて自由気ままなわたし!

唐突にムーミンを見たくなった理由それは
女優の野際陽子さんの訃報のニュースに触れて
昭和往年の女優カテゴリーの一覧に
故人の岸田今日子さんが並んでいたからに他ならない

野際洋子さんの存在感はさることながら
岸田今日子さんもうんと昔はテレビでよく見かけた

とても不思議な静かな声の持ち主で
木管楽器が震えるような音で話す
個性的な女優さんだった

特別美貌を誇る印象はなかったけど
なんとなくすごい女優さんなんだという事だけは理解していた

昭和の女優さんは大量生産のいまと違って
少数精鋭で今と比較にならないほど遠い高い
雲の上の存在

そんな遠い遠い昭和の昔 
毎週日曜日午後18時になると画面に張り付いて
夢中になって観たカルピス劇場のアニメ「ムーミン」
同世代ならわかるよね

そして「ムーミン」のムーミン役の声優が
岸田今日子さんだと知ったのは
それからうんとうんと後の事

そんな事を思い出しながら
その不思議な魅力の声の持ち主
生前の岸田さんの声を脳裏で思い浮かべていたら
ムーミンの声が聴きたくなった

youtubeを検索して
ほんの触りだけのつもりでいたら
ミイラ取りがミイラに引っかかった

ムーミン・ワールドにどっぷりと嵌ってしまう想定外!
恐るべしムーミン村の魔術(笑)

ムーミン谷にはちょっと風変わりで
個性的な面々が暮らしていて
村ではいつもなにかしら
困った事件や問題が起きていた

そんな時いつも村人たちは
頬や頭に手を当てながら
戸惑ったり時に呆れた顔を浮かべながらも
すぐに気を取り直して策を練った

肩を並べて勇敢に問題と立ち向い
最後はみんなで笑顔になった

老若男女が同列で協力し合い
助けあう姿がそこにあった
それは古きよき時代の日本の姿に重なった

昨今のアニメなんてまったく興味をそそられないけど
わたしたちの幼少時代はなんという豊かで温かな
世界観の物語に触れていられたんだろう!

いつだってちょっと自分本位でわがままなムーミン
そんなムーミンをいつも優しく見守ってくれるスナフキン

そのスナフキンの言葉が優しくて深イイのなんのって
これって子供向けアニメだとしても
レベルが高いとか云々以前ほとんど”哲学”

もちろんそもそもムーミンの原作は
アニメでなくて小説だけれども。。


ムーミンといえば思い出すのは
不思議生物「にょろにょろ」

子供の頃は得体の知れないにょろにょろが
不気味で怖くて仕方がなかったけれど
今見るととってもシュールで愛らしくて愛おしい
しかも画像はCG処理なんかじゃないし!
タイトルも最後に流れるクレジットも
ぜんぶ手描きの時代!

1コマ1コマの動きが手描きという
デジタルな今では考えられない手法

平和なある日ムーミン村に事件が起きる
ムーミンと仲良しのノンノンのお兄ちゃん
ちょっとヒステリックで強引なスノークが
にょろにょろに悪さをして
普段は温和なにょろにょろを怒らせてしまい
にょろにょろ島に連れ去られてしまったから大変

村人はなんとかしてスノークを救出しようと
あれこれ苦慮してにょろにょろに対峙する

力ずくでにょろにょろからスノークを助け出そうとするも
怒ったにょろにょろはとても手強い

弱り果てたムーミンが
頼みの綱のスナフキンを訪ねた時の
スナフキンの台詞がとても深くて心にジンときた

事の顛末をムーミンから聞いたスナフキンは

「なるほど。面白い事件だね」

と切り捨てて
戸惑うムーミンに向かって

「からかっているわけじゃあないんだ」

と前置きをして

「みんなが揃って考え違いをしているような気がしてね」

「みんな自分たちがにょろにょろたちよりも
優れていると考えているんじゃないかな」

「考えてごらんムーミン。
みんなも生きてる。
にょろにょろも生きている。
そこになんの違いがあるというんだい。」

「スノークを助けるとか
にょろにょろをやっつけるとか言う前に
みんながそのことをよーく考えてみれば
にょろにょろはきっとスノークを返してくれるよ」


結局スノークはにょろにょろに「ごめんなさい」と侘びを入れて
にょろにょろはあっけなくスノークを開放してくれるのだけれども




”みんなもにょろにょろも生きている。
そこになんの違いがあるというんだい”

恐れ多くもスナフキンは40年以上も前に
現代における様々な問題を代弁してくれていたのだ!

”どんなにちっぽけだって
 ボクたちとおなじ生き物じゃないか”

スナフキンのことばはあまりにも
シンプルで深い


不思議ワールド
↓ムーミン谷のみんなに会いたくなったらこちら+.(*'v`*)+↓





スナフキン名言集【人生訓】





がるちゃん
元気してますか

がるちゃんがいなくなって
昨日で4年もたったよね

淡いブルーの紫陽花の花 
がるちゃんの花だよ^^


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: つれづれ

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。