FC2ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ツルの里 出水 ツルの舞い 

 


太宰府から熊本へ向かい八代を通過
南九州西回り自動車道
芦北から水俣へ向かい3号線を南下

福岡を午後1時に出発して片道4時間
出水のツル渡来地に着いたのは日が傾く時刻

DSC_0010.jpg















DSC_0007.jpg
















DSC_0005.jpg





















_DSC0026.jpg


















_DSC0028.jpg




























夢中でツルを目で追っていると。。
目の前にひらりと舞い降りる3羽のツル


_DSC0030.jpg




















近くにいた観測所のおじさんが「これは近いですよ」と(゚o゚;;♡

真ん中の薄茶がかった頭をしているツルは一年未満の幼鳥
両脇が親鳥でツルは家族単位で行動するそうだ


_DSC0031.jpg















子供の嘴に触れる親鳥の愛情深い仕草
まだ幼い瞳の子ツル
なに話しているんだろ

_DSC00332.jpg



















父親?が周囲を警戒中


_DSC0032.jpg





















長い首を傾げて地面を突く
美味しいものはありますか?
首、疲れませんか???


_DSC0044.jpg























あかね色に染まる夕陽


_DSC0047.jpg












































いつまでも餌をついばむ親子


_DSC0037.jpg













手が届きそうな夕陽


DSC_0057.jpg






ツルは生涯一夫一婦制という
雄鳥が怪我をしてセンターで保護をされ
牝鳥は帰来の季節になってもその場を離れず
春を過ぎ夏を迎えるギリギリまで残り
最後の陣に混ざり名残惜しそうに旅立つ
その牝鳥は次の越冬で出水に舞い降りると
まっ先にセンターにいる雄鳥に会いに来たそうだ
ツルすごいよ~~~(´д⊂)アウアウアウーーッ



しきりに地面をついばみ食べる事に忙しいツル
生物が生きるための営みの本質

優雅な舞いのツルにすっかり魅せられる
鳥好きにはたまらないツルの里 出水

ツルは来年の2月以降大陸に向かって
北帰行していく
またその頃に会いに行きたいなぁぁぁ
ぜったい行くよ!!!











出水のツルの様子が見れるよ(*´ω`*)
夜は真っ暗だよww
出水 今のツルの様子(ライブカメラ)→◆

















にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category:

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。