FC2ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

シルバーウィークと秋の空 

 

シルバーウィークはGW同様どこにも行く気にならなかった
高速道路の渋滞情報を耳にするにつけいつも「うへぇ~」と思う
社内はシルバーウィークの前後週末を挟んで10連休という人も少なくない

唯一外に出たのは天神に買い物に出たくらい
天神は地元球団優勝セールでこれまたすごい人混みだった

山にたびたび登ってお出かけ欲が満たされていた事もあるが
連休中は晴天に恵まれたので山も混むだろうと思い
家でひたすら休養して本を読んだり部屋を片付けたり
おうち時間をたっぷり堪能した

どこにも行かなかったけど
備忘録として記録しておきたいこと2つ


ひとつ
家の中にバッタが出現した
緑色で後ろ脚の長~い割と大きめで全長5cmはあるバッタだった
GK(ゴッキー)は年に一度の割合で顔を出すがバッタは人生お初
うちは庭に併設する一軒家でもないしコンクリートジャングルのビルの3階である
最初に洗面所でバッタを確認した時はなにかの間違いかと思った
GKならば即刻殺虫剤を噴霧して駆除しなければならないが
相手がバッタとなると殺生するわけにもいかずはたと考える
「見なかった事にしよう」そういう事にして見て見ぬふりを決め込んだ

見て見ぬふりをしたはずのバッタはその後
静かに壁伝いにリビングへ移動をして
壁と天井の梁伝いをゆっくりゆっくり歩いて一周した
その間みじろぎもせずゆっくり歩くバッタをつぶさに観察した
すでに睡眠前の副交感神経モードだったし
バッタと格闘してアドレナリンをあげたくなかったから
再び見ない事にしていつもは開け放ったままの寝室のドアを閉めて寝た
夜中に目が醒めてバッタが頭上にいたら嫌だもんね

翌朝バッタはリビングに居なかったのですこしホッとした
これが鈴虫ならどこかで鳴いてくれて風流だけどバッタは鳴かないだろうなぁ
これからバッタと共同生活をするのだろうか
前回バルサン後に姿を消して復活した家蜘蛛を
バッタが食べちゃったりしないだろうかなど
そんな事を考えながら身支度をしていたらリビング続きの和室の天井近い壁を
バッタが昨夜同様ゆっくりゆっくり歩いていた

夜はよく見えなかったけどバッタには長~い触覚がついていて
その触覚をゆ~らゆら揺らしながらゆっくり前進していた
あああ虫怖いっ(;ω;)
子供の頃はバッタもセミも素手で掴んで遊んでいたなんて
そんな在りし日の自分が信じられない!!


だがもう見て見ぬ振りは出来なかったので
ティッシュを手にバッタ捕獲に挑んだ
バッタは必死に逃げて得意のジャンプ力を発揮して跳躍した

「ぴよーーーーん!!!」

バッタも人間も必死だったが
ヒーヒー言いながら
何とかティッシュにくるめてティッシュごと窓の外へ放った

「もう迷わないでねーー(ノД`)」

その後ネットでバッタを検索したら「バッタ 飼育」とか「バッタ 秋」とか
「バッタ 秋の味覚」(バッタ、喰うんかい???)など出てきた

バッタって秋の虫なんだってー
知らなかったな~


ふたつめ
天神で買い物を済ませてバスに乗ったら
お買い上げしたばかりのショッピングバッグを
座席に置き忘れたまま下車をしてしまった

中身は総額2万8千円也の衣料品
真っ青になってその夜は眠れなかった
愛犬を亡くした直後のように数時間置きに目が醒めては
胸がしくしく痛んだ
昨年末のデジカメ紛失といい(あの時は酔っ払いだったが)
本当に自分のドジでまぬけぶりが恨めしかった

結論を先に言うと荷物はバス営業所で預かってくれていて
翌日わたしの元に無事に戻って来た

バスの営業所は片田舎の辺鄙な場所で往復すると半日がかりだったが
忘れ物問い合わせのコールセンターも営業所の担当者も
みんなみんなとても親切で優しくてこういう人たちがいるから
日本はまだまだ安泰だと思った
日本の治安の良さと日本人が誠実で真面目な民族である事に心から感謝をした

世の中には連休など暦なんて関係なく働いている人たちがたくさんいた
西鉄バスの忘れ物問い合わせのコールセンターの受付時間は
朝は早朝6時~深夜12時までだなんて
シフト体制であろうとはいえそんな不規則な勤務体制で働くなんて
9to5で働くいまのわたしには信じ難い勤勉さだ
そんな環境で頑張っている人たちがいるからこそ
バスも電車も365日動いてわたしたちはそれを享受している


陸の孤島のような片田舎の営業所でバスを待ちながら
こんな事でもない限り絶対に足を運事もない場所に身を置き
「ずいぶん遠くまで来ちゃったな~」と思いながら
なんだか自分の人生もずいぶん遠回りをしてきたなぁとか
とりとめもない事を考えてはその傍らにいつも寄り添ってくれた愛犬を思った
いつだって愛犬と今の自分を切り離して考える事は出来ないので
愛犬にも改めて感謝の念を送ると同時に
たくさん苦労を掛けてしまった事も改めて思い返しごめんねと詫びた
犬を飼っている人ならわかるだろうが犬はただの犬ころなんかじゃない
いつだってわたしたちを護って導いてくれる天使だからね



紛失物が戻るまで不安でたまらなかった時にめくって出たカード
「奇蹟」


DSC_0454.jpg


何も起きない、平和な一日
愛犬とのさりげない触れ合い
いまこの瞬間、それこそが奇蹟なのです


あなたは毎日守られて生きています
すべての出会いに感謝しましょう


当たり前の毎日や
平凡な日々の中にある、
奇跡に気づいてください









.:*゚..:。:.   .:*゚:.。:..:*゚..:。:.   .:*゚:.。:..:*゚..:。:.   .:*゚:.。:..:*゚..:。:.   .:*゚:.。:.




昨日見た空
秋の空
はっとするくらい雲が白くて澄んできれいだった


DSC_0424.jpg







DSC_0447.jpg









DSC_0436.jpg











DSC_0451.jpg









こんな切り取ったような空じゃない
遮るもののない広い空を見たくなる



9月も下旬
今年も残すところ100日を切ったね







キミと出会った奇蹟

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: つれづれ

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。