FC2ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

まだ見ぬキミへ 

 

犬を飼いたいと常々口にしているわたしであるが
いざわたしが犬を飼うとなるとわたしの場合
犬を飼うのではなく犬に飼われるようなカタチになるところに問題がある


最近ではペットも家族という考えが世間に浸透してきてはいるが
子供を持たないわたしは我が子として愛情を注ぐので
いいかげんな飼い方が出来ないといえば語弊があるが
その子にとってのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を考えると犬の事が何よりも最優先になる
結果 人間が犬に仕えているような犬が司令塔のような
犬中心の暮らしになる事は致し方ない事情である


そもそも犬を「飼う」という語彙も正確にいうと好ましくなくて
強いていえば「犬を育てる」とか「犬と暮らす」という表現も愛犬家に広く認識がされているだろう
犬や猫は人間が世話をしない限り生きていけないので
「ペット」=「飼う」そういう表現にならざるを得ないのかもしれないし
飼い主が制御しやすいように飼い慣らすという意味で
かつての犬の役割が庭に離され繋がれた番犬の役割を担っていて
家畜として飼われていた当時の名残りでもあるだろう


かつては犬にも猫(鼠を捕る)にもそれぞれの役割があった
(今でもそういう家畜としての役割を持つ犬猫も世界にはたくさんいる)
わたしがここで言う狭義でいうところのペットとしての犬猫は
人間のパートナーとしての役割が中心で
戸外である庭先から人間と同じ居住空間で寝食を共にして密に過ごす事により
人間の言葉を理解したり心に寄り添ったりとより人に近い存在になっている


生身の生体である以上 病気や不意の事故も起きるしそれに伴う労力も出費も発生してくる
命を預かる以上 生半可な覚悟では生き物を迎える資格は無いし
もし中途半端に勢いだけで迎えてしまったとすれば
その子にとっても飼い主にとっても中途半端な幸せしか手に入らないか最悪のケースも考えられる


犬の一生は人間に比べるとその何倍も速くうんと短い
一分一秒と刻々と流れ一緒に過ごせる時間は砂時計の砂が滑り落ちるスピードのごとく
その一生は駆け足で過ぎていく


かつての愛犬にとってわたしはちっともいい飼い主ではなかったが
溢れるばかりの愛情を燦々と注いだお返しとして
神秘なサプライズとぬくもりと恩恵を数えきれないほど残してくれた
それは人とか犬とか姿カタチの表面上の問題ではなく
大袈裟でも何でも無くお互いの魂を通じて心が通じ合ったからに他ならない
この歓びを一度知ったら たかが犬 ただの犬コロなんて絶対に言えなくなるし
その歓び知らない人間が気の毒に思えるほど人生に素晴らしい彩りを添えてくれる神からの贈り物なのだ


耳にタコができると言われそうだけど
いつかまた犬と暮らしたいと強く願っていてその願いをいま強引に叶えてしまう事も不可能ではないが
迎える子のQOLを考慮すると体勢が不十分なのでいまは時期尚早だと自分を律している


その変わりというのは変だが今のわたしは犬がいない代わりに有り余る自由がある
犬がいると様々な制限制約がどうしても生じてくる
自由気ままに囚われるものがなくいつでもどこでも身軽な点はとてもいい
今はその束縛の無い自由を思い切り楽しむ時なのだ
ただし何かしら心にぽっかりと穴が空いたような虚無感がいつも漂うのも事実
でも逆の発想だと自由で気楽でワンゲル係数も必要が無いから
無駄に時間を浪費したり無駄使いをしてプチ贅沢も味わえたりもする

世の中のすべては表裏一体 正と負の法則で出来ているというのはどうやら本当らしい
それでも諦めないで信じて願っていれば最適なタイミングでその宝ものは手に入るだろう
まだ見ぬ未来のわたしの犬はどんな顔をしているのだろう?
そう考えている今がいちばん楽しいのかもしれないし
この腕に胸に抱くその温もりをイメージしてまだ見ぬキミに会える日を心待ちにしている






YAHOOトピックに上がっていた この動画見ました??
フレブル?のパピっ仔   はぅぅ とろけるぅ~(*´д`*)


□生後12週の子犬が4日間で習得した芸→□









焼き芋食べるキミの顔もとろけてる

P4218898.jpg









おいらの得意芸は食べるコト♡
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: つれづれ

tb: --   cm: --

△top

猫のポエムと愛犬と 

 


ある一定条件を満たした会社では障碍者の雇用が義務付けられている
わたしが現在所属する会社には耳が聴こえない女性1人が同じフロアにいる
わたしはその彼女と暇があれば社内メールを通じて様々な情報交換を積極的に行っている
彼女と話すようになったきっかけは彼女の黒い衣服に白い動物の毛がたくさんついているのを見て
わたしが肩を叩いて「ペットがいるの??」と訊いた事がきっかけだった


初めて見た彼女の印象はいつもぽつんとひとり
飄々と坦々と無表情で仕事をこなしていた
誰も彼女に声を掛ける人はいない
隣の席で女子同士話が弾んでいても彼女を交えて話している場面は今も以前も変わらず皆無
彼女は話せないし聴こえないので当たり前といえばそうなのかもしれないが
手話でも使えればまた別なのだろうが聴障者のたいていは口の動きで言葉を読み取る口話の訓練を受けているし
手取り早くもっとも確実な手段”筆談”で会話をすることは可能だ


話し掛けられた彼女は初め吃驚して顔を強ばらせていたが
「ペットがいるの?」目を真っ直ぐに見て聴覚の無い彼女に向かい口を大きく動かしてそう話すと
彼女は身振りを使い(猫が顏に手をやる手招きの真似)
「ネコを飼っている」と声の無い口の動きでそうおしえてくれた


そんなちょっとした事をきっかけに「うちには犬がいたんだよ」という話題に始まり
今では芸能界の誰それがカッコイイとかわたしはあまりドラマは見ないのだがどれそれのドラマが面白くてとか
たわいもない話しからなんと出身地が同じ長崎だった事が判明したり
さらに親近感を抱きいまも頻繁に暇さえあれば会話をしている


その彼女がいつものとりとめもない会話メールの冒頭で
「本当に本当に本当に本当にごめんなさい!!!!」と平謝りをしてくるので
なにがあったのかとドキドキしていると
「北朝鮮で犬の肉を食べた事があるの」という告白だったのだ


中国や韓国は現在も犬肉を食べると聞いていたし
実際に昔そのあたりに住み着いた野良犬を捌いて食べたという人に会った事があるので(その時は衝撃だった!)
犬肉を食べた事よりも北朝鮮に行った事があるという事実の方がわたしには衝撃だった
そう返事をすると「犬を食べたことよりも北朝鮮?」そう言ってしばらくすると
数ページに渡り詳しく面白おかしく解説のなされた北朝鮮ツアーの現地レポートをワード形式にして送ってくれた


彼女は非常に賢くて健聴者に引けを取らないどころか
それに勝る日本語会話のセンテンスと知識と頭脳を持ち合わせていていつも感心しきりである
しかもいちばん感心するところは他人の悪口を絶対に言わないところ!


わたしなんてしょっちゅうブツブツ文句ばっかり言っているし
自分でも日々ダメ出しをしているのだが最近は
「面倒くさい」このセリフが口癖になっていてふと彼女に「ねぇ?面倒だと思うことはある??」
そう尋ねると面倒くさい事は主に行動で「ご飯を作るのが面倒」「お風呂に入るのが面倒」とか
そういう事はしょっちゅうあるけれど人間関係での面倒くさいはここでは感じた事がない
無いというより話す事さえ無いからあなたは希薄なわたしの人間関係よりも恵まれているのでは?
という返事が返ってきてハッとした

誰も彼女に職務以外で接しようとしないが一時はその事で苦悩もしたといいながら
彼女はある日 他人に求める事をきっぱりやめたと言う
それからはひとりに徹して気楽にやらせてもらっているわといった風情なのだが
実に賢明で合理的な割り切りであるが誰でもそう容易く真似が出来る事ではない
人付き合いが面倒くさい事と気楽と孤立はそれぞれに相反と矛盾をしている

その彼女が最近こんなメールを送ってくれたので紹介をしたい



今はないけど、
キャットフードCMで出てた詩。
飼い主が猫に教えられたことの内容です。
覚えてますか?
ピッピ(彼女が飼い猫の名前)を見るとほんとにその通りと思う。
私もこんなことできたらいいな。
ま、無意味なことはいつもやってるけど。




以下↓メールタイトルである「猫のポエム」

たまには無意味なことをしてみる。
自分の気持ちよさをまず優先する。
自分の能力に限界を決めない。
周りの空気なんて一切読まない。
失敗は3秒で忘れる。
たまに誰かを振り回してみる。
好奇心は決しておさえない。
細かいことは気にしない。
キミが教えてくれること。






お~さすがは猫だ
犬と対照的ではあるが犬からも猫からも学ぶことはたくさんある点では同じだ
わたしはこれまでに猫を飼ったことは一度もないけど
愛犬を亡くした時に数人の人から「次はネコを飼えば?」
「猫は犬のように散歩も手入れも(お風呂)いらないから楽だよ」のような理由で
猫を飼うことを勧められたのだがきっと一度飼えばこういうタイプに限って嵌ってしまうのかもしれないが
どちらも柔らかくて温かくて愛らしい動物に変わりはないがわたしはやっぱり猫より犬が好きなのだろう
次に飼うとしたらやっぱり犬がいいし犬しか考えていない


でも万が一 この猫はあなたのかつて愛した犬の生まれ変わりだよなんて言われたら
その時は迷わずそそとしてうちへ迎えるだろうとも考える
だがそんなことは万が一にもない前提なので
もし生まれ変わるとしたらやっぱり次も犬かそれとも進化して人間として生まれ変わってほしい
今世で再会をする事は難しいとしても
わたしの人生が終わってあっちへ逝く時は真っ先に会えると信じているので
それはそれで今のわたしのとっておきの楽しみなのである



冬のピクニックの思い出
パンを狙うデカ耳の犬ww

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

category: つれづれ

tb: --   cm: --

△top

春まだ浅く 

 

1月も下旬に差し掛かり寒さの種類が変わった
先週の朝出勤前に年末に買った裏ボアのコートを羽織ろうとして
違和感を感じてボアなしのウールコートを羽織って出た


駅まで向かう朝の空の光の色もいつの間にか変わっている
明らかにこれから本格的な寒さへと向かう初冬の寒さと違うのは
まだ浅い目に見えない春への期待感による体感温度なのかもしれない
まだまだ寒い日は続くがこれからは一雨毎に三寒四温で春に近づく
一ヶ月もすればコットンギャバのトレンチコートに着替える事になるだろう





時系列的に遡る↓画像は年末に訪ねた宝当神社の鳥居
宝当神社→◆

_DSC0697.jpg





境内には靴を脱いで上がる様式になっており
中には高額当選をした人から届いたお礼の手紙に添えられた
当選番号と一致する宝クジの証明コピーがたくさん貼ってある


参拝は3度目
今回のお参りにはあらかじめ買っておいた年末ジャンボを持って参拝をした
それなのに神社の売り場では買った初夢宝クジも秋のオータムジャンボも
みんなみんな外れてしまったではないか!


高額当選をしたら万全の態勢を整えて犬を迎える夢も水の泡.。o○ ○o。.


チーーン↓↓
2014122420480000.jpg






発展途上の国に暮らす原住民が雨乞いを祈祷して踊るとかならず雨が降るという
なぜならそれは彼らが雨が降るまで一週間でも二週間でも
雨が降るまで諦めず踊り続けるからだという




うむーわたしの夢が叶うのはまだ先のようだ
この夢はかならず実現させるので
それまで何度でも足を運ぼうではないか
寒いうちが身動きしやすいから行くなら今のうちだね
なに?他力本願だって?(。・ ω<)ゞてへぺろ♡


クジ購入代行サービスなんていうビジネスもあるようだ→□




_DSC0696.jpg






新春運だめしクジ 買ったよ~(*´ω`*)














旅のお供はいつだってキミ♡
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

category: つれづれ

tb: --   cm: --

△top

寒い冬が好き 

 


好きなもの 冬枯れ景色
枯れ枝にはびっしりと春待ちの冬芽を蓄えている

寒くても暑くても人間のように文句を言わない
植物はいつだってじっとそこにいる


_DSC0941.jpg











寒椿

_DSC0951.jpg












透明な雲


_DSC0995.jpg















_DSC1052 - コピー



















_DSC0999.jpg


















_DSC1050.jpg

















_DSC1040.jpg





この冬は冬らしい寒さといえまだ積雪をしていない
寒い冬が好きなんて言えるのも
北国のような雪に見舞われる事がないからだろう

しっかり防寒さえすれば建物内はどこも汗ばむ程暖かいので
夏よりも冬の方がうんと過ごしやすいし好きな季節だ



寒い寒いといはいえ花屋にはチューリップやスイートピーが
八百屋には菜の花が並び早い春を運ぶ
デパ地下のお菓子売り場にはバレンタインのチョコレートも並んでいる


街に出れば物が溢れている
お金さえあれば何だって買える時代


100YENショップをはしごして細々とした生活必需品を購入する
最近の100均はとてもおしゃれで品揃えもいたれり尽くせり
数十年前に博多に来たころはこんな便利なものなんて無かったので
グラスや茶碗、洗濯ばさみとかハサミや糊とか些細なものでさえ何百円も支払って買っていた
いまは100YENショップに行けばそれなりの品質で大抵のモノが見つかる
便利で機能的な使い捨て感覚で簡単にモノが手に入る時代、消費大国日本
豊かになった一方でモノを大事にする心や有り難味が薄れているのも事実


セリエでかわいい子供用の食器を見つけたので
愛犬用の水入れとお供え用のお皿を新調

_DSC1106.jpg










公園で温かウエアに身を包んだわんちゃんをたくさん見かける
室内飼いのわんちゃんに冬用のアンダーコートは無いから
いくら毛皮を着ているからといっても寒がるものだから
寒さでいきなりがくんと体調を崩したりする事もあるので
飼い主さまのお犬様への体調管理も気が抜けないところであろう







2012120113160004.jpg





闘病末期の画像なので表情に覇気が無いネ。。。
このコートの出番はほんの2~3回だったと記憶している


-2012120113160005.jpg













にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

category:

tb: --   cm: --

△top

アノネ がんばんなくてもいいからさ 

 

人影少ない新年早々
外へ出ると
犬を連れて歩く人が目に入る


犬の散歩に正月休みはないからね~~
あのシーズー 年末からよく見るけど新顔だわ~。。
まだ赤ちゃんねー(生後1年未満)
シーズーって歩き方とむっちりしたおちりが超カワイイ♡

ぽっこぽっこ。。。
歩く音に形容をつけると
そんな音が聴こえてきそうな
ちょっと象さんの歩き方に似たところが
コッカーと似てる~~~( ´艸`)pupupu


なーんて思いながら
連れて歩く飼い主さんに目をやって。。
はたと気がづく(゚o゚ ???!!


この飼い主さん。。。
がるが健在のころ
かなりご老体のシーズーを連れていた
あのおじさん(゚o゚ !!!!!


そうか~~~代変わり!!!!
代変わりをしたんだな。。。。



そうか~~~
前に進んだんだなぁぁ



わたし。。。(T ^ T)
涙ぐみはしても
めそめそ泣くことは最近もうないけど




たまに遺影に向かって
「おーーーい( 」´0`)」
がるちゃん帰ってこーーーーいっ!!(゚Д゚)ノ

肉 たらふく食わせてやっから!!!!
だーかーらー帰ってこーーいっ!!!」








*・:..。o¢o。..:・*・:..。o¢o。..:・*・:..。o¢o。..:
2014122420480000.jpg
*・:..。o¢o。..:・*・:..。o¢o。..:・*・:..。o¢o。..






シーーーーン  (ーー;)


「ふんっが」ヽ(`Д´)ノ(/ _ ; )ホロリ( ̄^ ̄)ケロリ



って感じ??(^-^;














kaette koi・・
na~nte neー


P1077455.jpg








3連休ボケ 正月ボケもいいかげん・・
1月も3分の1が過ぎるからね!
そろそろシャッキリせんとね~



でも。。。
去年はいっぱい疾走したから。。。



今年は肩の力抜いて...
気負わずいこう...と思う YO(*´ω`*)♡


大晦日は紅白の聖子ちゃんを見る!!( ´ ▽ ` )ノと言ったら
同僚が画像を送ってくれた



IMG_20141231_233550 (1)















IMG_20141231_233741.jpg







相田みつお 懐かしいね!
(実家のトイレの日めくりカレンダーだってw)
懐かしいけど! 
やっぱりいいね みつお!
沁みるよ みつお・・


よし( ノ゚Д゚) !
2015年はみつおで行こう~ ( ´艸`)



アノネ がんばんなくても いいからさ






つまづいたって
いいじゃないか
 犬 だもの。。。

あんた 電柱によく ぶつかったよね~
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

category: つれづれ

tb: --   cm: --

△top

変わるもの変わらないもの 

 

年末年始に撮り溜めた写真
ぜんぜん整理できないまま( ´ ω ` )


夕暮れ初詣 UPします



_DSC0790.jpg














護国神社


_DSC0773.jpg


















西の空がまだ明るい
午後17時半


_DSC0818.jpg



























国道202号線
国体道路
通称赤坂けやき通り



_DSC0823.jpg























この店はずいぶん老舗の風情で
かつては「modern time」(モダン タイム)という深夜まで営業しているBARだった
数年前まではまだ健在だったけどいつの間に違う店名になっている

ちょっとスノッブな大人の空気がする
落ち着いた木のインテリアと緑の多い薄暗い照明
カウンター横のテレビではいつもハリウッド映画が流れていて
少しだけ背伸びをした大人の気分で時間を忘れて
何時間もとりとめもない会話をして夜を明かした


_DSC0839.jpg
























中心地の天神から2キロ圏内ほどの立地
車通りは多いけど人影はいつもまばら



_DSC0824.jpg




















_DSC0869.jpg




























道沿いに高級ブティックや隠れ家レストランがぽつりぽつり
若者向けのセレクトショップができていた
新年早々SALE


_DSC0875.jpg





























お洒落な花屋のウインドウ


_DSC0840.jpg

































こちらも花屋


_DSC0848.jpg















美容室


_DSC0856.jpg



















 




_DSC0859.jpg



















カフェ風レストランが際立って増えた


_DSC0884.jpg
























_DSC0885.jpg
























_DSC0892.jpg






























天神に着きました~
初詣神社より徒歩20分でしょうか


_DSC0897.jpg









お洒落なおとなの街があるらしい
そう聴きつけて当時の遊び友達とあてもなく歩いたあの冬の日
寒くて暗くて人もまばらで泣きそうになりながら
辿り着いたのが先にあげたmodern time


好奇心と若さだけはあったけど
いつもお金が無くて いつもお腹を空かせて
希望と不安と物欲だけはいっぱいだった遠いあの日




ひさしぶりの赤坂けやき通り
懐かしいけどずいぶん変わった部分も多かった



この街に暮らして30年
時代も街も大きく変化した


なによりも自分が大きく変わっただろう
思い描いていた自分の未来
あれ~~?
こんなハズじゃなかったけど(°д°)???



振り返ると瞬くように過ぎた時間
街を歩きながら
いろんな事を考える




きっとこれからの先の時間も
過ぎて見れば一瞬だろう




2015年
始まったばかり
どんな一年になるかなー
ワクワクするねー( ´ ▽ ` )ノ







にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

category: つれづれ

tb: --   cm: --

△top

初春 

 

2015新春
平和な幕開け




あまりもの正月ボケゆえに更新が滞っておりますが
忘れられないうちに
まずは縁起の良さそうな一枚...






年末に訪れた港町で見た夕日

_DSC0701.jpg







きれ~やなぁ~
ほけ~っと見惚れておりますと、おや???
なんだか龍の頭と目に見えてきた(°д°)


_DSC0706.jpg





厳かな龍に見えませんか????
イマジネーション イマジネ~ション...

あなたもこの画像が龍に見えてく~る見えてくる..
ああ めでたや(。-人-。)ナム~


_DSC0704.jpg






年末年始は9連休でした。





・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・。




いまだ正月ボケ???
頭を叩き起こして出直します(^-^; 












2015年
皆さまのご健康とご多幸をお祈りいたします♡

本年も何卒よろしくお願い申し上げます(。・ ω<)ゞテヘ♡






初詣
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

category: つれづれ

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。