スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

早春~旅立ちの春~ 

 

3月というのに真冬並の寒さが続く
桜の開花は東京に先を越された
年度末はいつだって慌しい
この寒さで体調を崩している人も多い

1月から開始した就活はなかなか厳しかった

ハローワークで紹介状を受けて
応募から結果が出るまで約2週間待たされる事も少なくない
じりじりと結果を待つ半月はとてもとても長いorz

1月2月と気合を入れて応募した事業所は2つ続けて
箸にも棒にもかからず不敗戦の書類選考落ち
返却された応募書類をポストで受け取りうな垂れ
心折れるが歯を食いしばる
へこたれる暇はない


翌朝には気持ちを切り替えて
気力を振り絞って1に根気、2に粘り
足繁くハローワークへ通う
自分の情熱が試される
いまここで負けるわけにはいかない


3月に入ってようやく風向きが変わる
これといって気負わず応募した企業にすんなり内定
散々足踏みしたけど結果的には理想にいちばん近くて
自分に合っていると思える場所に落ち着けた

今回の勝負、2勝3敗
さよならホームランで結果はオーライ

しんどかったけどまたひとつ自信がついた
アラフィフにしては上出来としよう
よく頑張った自分(*^-^*)


3月に入ってすぐにツルをお見送りする計画を練った
出発前日に採用通知を受けて心晴れやかにいざ西へ
目指すは北帰行コースの平戸~松浦~佐世保


この日はぜったいに飛ぶと目論見通り
その朝ツルは出水を飛び立った
だけど具体的にどのコースを通過するかは
神様とツルのみぞ知る


そんな心許ないまま赴いた先で
目の前にツルが現れた時の驚き
奇跡は起きた!

暑苦しい想いがツルに通じた~~~!!!!
ううううううぅぅ感動~~~~~っっ
(´;д;`)。゚(゚´Д`*゚)゚。






佐世保市街地上空に
励まし合うかのように鳴き合う
賑やかなツルの声が響く

_DSC0748201702.jpg





何度も方向を変えて高度を上げる
上昇気流を掴んで高く高く
向かい風に押されて押し戻され
大きな群れがバラバラと数組に分かれる
置いていかれまいと必死に追いつく最後尾のツル

がんばれがんばれエールを送る
長い時間をかけてようやく気流を掴み
西の方角へ消えていく
この山を越えると大陸を挟む玄界灘もすぐ


_DSC0766201702.jpg






_DSC0761201702.jpg





一心不乱に先へ進むことだけ
前に進む事だけに全力を注ぐ姿
まだ道半ば先の長い旅が続く


ツルの視点で視る地上はどんな景色だろう
googleの地図でみる地形図を思い浮かべる

高度1000mを超える上空の風は?
風の音はどんな音??


「気をつけて帰ってね~~~~」
**SeeYou again**ヾ(*´Д`*)ノ

DSC_0593201702.jpg









DSC_0590 (1)201702




出水の保護区で頭上を通過するのと同じ距離で
ツルの顔もはっきり見た
涙ながらに手を振るわたしをツルはぜったいに認識したと思う
新しい門出にツル
幸先いいよね~~~~




春ですよ
どんな新しい出会いが待っているかしら♡
(*´~`*)












がるちゃん元気ですか?
母さんツルに会えたよ!
願いが叶ったよ♡

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: つれづれ

tb: --   cm: --

△top

バレンタイン・イブによせて 

 

久しぶりにオラクル・カードを引いてみた
この春は仕事の契約満了を迎えるので
現在は鼻息荒く就活の真っ最中
(*`ェ´*)むっふー!!!

人生とは選択と決断の連続である
が、時にはどっちへ進んでいいか迷う時もある

モヤモヤ悩んで答えが見つからない
そんな時はカードに訊いてみよう

念入りにカードをシャッフルして束ねたら
いちばん上のカードが答え

えいや!!
o(o・`з・´o)ノ


出ましたー
「行動」

DSC_054920180213.jpg




”考えてばかりいないで まずは行動しましょう”
”うまくいくか、いかないかは、やってみない限りわかりません”
”わかったら、その時にまた考えればいいのです”


おお~~
いまの状況にしっくり!!



むっふー(*`ω´*)気合☆
もう一度シャッフルしてめくる!


出ました
「プライド」

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


DSC_0552 20180213

”胸を張っていきいきと、
自分をしっかり主張しましょう”
”自分の価値を認めて、しっかり自信を持つと、
他人の意見に振り回されなくなります”




むーっは!!!!
力強いお言葉!!!!
背中を押される気持ちです

ちょっと迷った時
すこしだけ後押ししてくれる何かがあれば
思い切って前に進めることってあるよね!




信じるも信じないもあなた次第
信じるべきものは”自分”


オラクル・カード
実にミラクルで奥深いのです!!



DSC_054820180213.jpg






そしてこのカード、
基本はドッグ・オラクル・カードですからネ!

解説書には、人間様に宛てたメッセージと
わんちゃんに向けたメッセージ
2通り解説されています

「プライド」のつづき。。。

”犬には犬の、猫には猫のプライドがあって、
からかわれるのは嫌いです”

”男の子には男の子のプライドがあって、
リボンやフリルは嫌なのです”
Σ(ω |||)

あちゃ~!!
うちの愛犬は男の子だけど
「がるちゃんにはピンクが似合うねぇえ
(*´∀`人 ♪


「男の子なのにピンク♡」
飼い主の趣味趣向で嬉々として
ピンクのカラーのお洋服をたくさん着せました


orzすまんほんとすまなかったね○| ̄|_



本人はどう思っていたのか
がるに訊いて見よう~(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

がるちゃんがるちゃん
ピンクのお洋服なんて
本当は嫌だったよねぇぇ(っω・`。)


出ました!!!
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

「幸せ」

DSC_0558 (1)20170213


見た瞬間ねぇ
もう目から汗がボーボー。゚(゚´Д`゚)゚。



友達にこの話をしたら
「服が好みじゃなくても
大好きな人から「似合うね~」とホメられたら
とっても嬉しくなるんだよ~」って
(´;ω;`)





そーだそーだそーだった
犬はいつだって飼い主を心から信頼して
すべてを委ねてくれているのです

だから
あの時もっとああしておけばよかったー
とか
あんな事をして申し訳なかった~
とか
悔いること自体無意味なのです


悔いて哀しい念を送れば
お空にいるあの子も
哀しい波動を受け取って哀しくなる事でしょう


あのこたちは
すべてを受け入れてくれる天使


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


キミがいない4度目の春
桜を見るたびに切なくて
何年たっても切なくて寂しい


たとえば一緒に暮らした年月を超えれば
切なさは薄れますか??

いえいえ
一生忘れることは出来ないでしょう




がるちゃん
年末と年始は夢に登場してくれてありがとう
かーさんとても嬉しかったです

がるちゃんの可愛くて短い尻尾が
フリフリ動いて
ちょっと甘えた困った顔をしたがるちゃんを
胸に抱き上げた感触

ぷりぷりの可愛い
おしりだけがコタツからはみ出して眠る姿
あのころとおんなじね


立て続けに夢に出てきてくれるなんて
かーさんがツルにばかりかまけているので
「忘れないでね」のメッセージだったかしら
 

でもね
かーさんがどんなにツルを好きでも
ツルはかーさんを愛してはくれません
いつまでたっても一方通行です


でもね
がるちゃんはいまもこうして
かーさんの心の中で生きていて
時々メッセージをくれるよね
かーさんとがるちゃんは相思相愛ね♡

がるちゃん
大好き
ず~っと愛してる




ピンクのがるちゃん

ちょっと困った顔してる..

P1006870201702132.jpg
















201702132.jpg










バレンタイン・イブ
大切ながるちゃんへ
愛を込めて♡(*ノ∪`*)






ドッグオラクル・カードはこちら!









うん似合うよピンクww
でも顔がちょいオコだよねww

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

category: つれづれ

tb: --   cm: --

△top

ツル博物館後編 

 

個人的に、いちばん見ごたえのあった展示物

ツルに関する用語や地名・商品名etc
壁面一面の日本地図に収めた壁画


北は北海道

DSC_0293zm2017.jpg


南は九州まで

DSC_0292izm2017.jpg




ツルに関する地名から
商品名・用語・万葉集・ことわざ・格言の数々

ツルが日本人にとって
いかに身近で
瑞鳥と崇められていたかわかりました

DSC_0267izm2017.jpg


ほ~ほ~

DSC_0270izm2017.jpg


へ~へ~

DSC_0268izm2017.jpg


は~~~

DSC_0275izm2017.jpg








貸切状態(* ´ ▽ ` *)
メモを取ったりしながら
いちばん長い時間いた場所



DSC_0301izm2017.jpg







絶滅の危険性があるツルの分布状況を紹介する
「青い地球のうえのツル」

DSC_0338izm2017.jpg






一枚の紙から作られた折鶴

DSC_0323izm2017.jpg





ツルの足跡発見~
(ノ´▽`*)b☆

DSC_0385izm2017.jpg






気がついたら
3時間たっぷり滞在してました
(´∀`*;)ゞ
ツル博士になれるかもネ!?
<( ̄^ ̄)>



博物館入口にはツルの幸せを願う千羽鶴


DSC_0389izm2017.jpg






地元のみなさんの協力や理解の元
大切にされているツルですが
農被害や鳥インフル
一極集中による絶滅の危険性
同時に課題もたくさん抱えています


ひとと自然の融合と共生
いつまでもこの平和な風景が見られることを
心から願ってやみません





このあとツル保護区へと向かうのですが。。
「あ~ら~そろそろ来るころってウワサしてたのよぉ」
地元ではツルの次に名物になりそうな勢いの自分でした
(´∀`*;)ゞΣ( ̄。 ̄ノ)ノ




にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

category: おでかけ

tb: --   cm: --

△top

ツル博物館前編 

 

はいは~い
今回はじめてツル博物館に立ち寄りましたよ~
ツルのお勉強しっかりしなきゃね~


クレインパークいずみ
ツルが卵を温めているイメージ

とてもユニークな建築物です
白い蛇腹状の屋根が折鶴の羽ぽい

内部にはスロープ状の回廊に面して
中庭テラスが設えてあったり
とても立派で素敵な建築物
一見の価値はありました


DSC_0392izm2017.jpg









ちなみにここには生きたツルはいません
剥製のツルがいます

マナヅル親子

成鳥で5~6kg
体高150cm近くの大型です
羽を広げると2m近く

目の周囲の赤い部分は毛が生えておらず
皮膚が剥き出しになった部分から
透けて見える血の色なんですって
ねぇ~奥さん知ってた~~???


DSC_0379izm2017.jpg




ツルは家族単位で行動します
採餌する家族を見守る
見張り役のツル
保護区でもよく見られる光景です

マナヅルの燕尾状の尻尾
立派で美しい


DSC_0382izm2017.jpg







タンチョウもいましたよ
ちなみに出水にはタンチョウはいません

タンチョウが見れると思って出水にやってきて
がっかりするひとの話はよく訊きます|ω・`)

出水のツルは黒くて汚いと言われます(´・_・`)

DSC_0339izm2017.jpg




ナベヅル

すすけた鍋底の墨色から命名
むふー(*`ェ´*)
なんという庶民的感性
それだけ身近な存在だったということでしょうか


DSC_0374iam2017.jpg


ツルの中でも比較的小型
成鳥で体長120 体重3~4kg

世界中のナベヅルのほとんどが
この出水を目指してやってきて越冬します


羽を広げたナベヅル
ツルの骨の内部は空を飛ぶために
内部が空洞化して骨密度を軽くしてあるんだって!


DSC_0372izm2017.jpg




ほ~ほ~~
重い体重を支えて飛ぶ鳥ってすごいよな~~
(小学生レベルの感想)






丹頂鶴の頭のてっぺんはいつも赤いけど
ナベヅルは興奮したときだけ赤くなるんだよ~

マナヅルの目の周りの赤い部分と同じで
毛がない部分の皮膚から
血の色が透けて見えているんだよ~

毛が無い=
もしかして「つるっパゲ」の語源って
こういうこと?!?!(゚∀゚≡゚∀゚)



ちなみに農機具の「ツルハシ」は
ツルの鋭く長いクチバシからきているそうで
ほ~~ほほ~~~
半世紀近く生きていても
世の中まだまだ知らないことだらけですな~~~
感心しきり

DSC_0345izm2017.jpg







ツルのおやすみ風景
保護区に人工的に作られたねぐらで
群れになって寝ます
水辺で眠るのは外的が襲ってくる際に
水面の波紋で素早く気づいて逃げるため


DSC_0375izm2017.jpg







出水とツルの歴史や
渡来数の推移を紹介する「ヒストリーポール」
床に埋め込まれた出水の市街地模型

工夫を凝らした展示物が満載

DSC_0334izm2017.jpg







出水の干拓地の歴史は江戸時代に遡ります
広大な干拓地の一部を一定期間
国が出水の農家さんからツルのために
借り上げしているのです
出水のツルは国の特定記念物に指定されて
大切にされています


空を飛ぶツルの視点から見た出水市街地

DSC_0365izm2017.jpg




後編につづく~~~ヾ(o´∀`o)ノ

category: おでかけ

tb: --   cm: --

△top

いちがつ睦月 

 

1月もあっというまに下旬
出水のツルの北帰行が始まった
去年よりも6日早かったみたい
つい先日渡来したと思ったら
もう帰り支度なんだね

シーズン終了したと思ったら
あっというまに開幕するプロ野球みたい
え?それちょっと違う?
滞在時間的にはそういう感じ


年末年始は朝から晩までツル三昧で
ツルはもうお腹いっぱいと捨て台詞を吐いて帰った
なのに10日もすればまたすぐに出水が恋しくなった
今季もう一回くらい遠征出来たらいんだけど


前回はツルのいる場所までは
車で30分ほど離れた温泉付のホテルだったけど
今回はツル保護区目の前にある民宿に宿を取った


部屋の窓からの眺め

DSC_0394izm2017.jpg




そのワンカップはなんですか?!って思った方!!
そーなんです!!(* ´ ▽ ` *)
仕事納めで休みに入ったとたん
酒が飲めるようになったのです!!

ブラボ~~~(*´∀`人 ♪
心のブレーキが原因だったようです~~~
(ストレス多かったもんな(-_-;))





この民宿 食堂に設置されたテレビ以外
個室にテレビはありません

あるのはツルの声の生BGM
ええもう24時間ツルと一緒
夜中でも窓をすこし開けるとツルの声
朝はもれなく集団ねぐらから一斉に飛び立つ壮観なツル

日中は思い思いに自由に過ごし
夕闇が空を覆う頃になるとねぐらに戻る
夥しいツルが四方八方から降るのを
口をぽかんと開けていつまでも見た
その鳴き声は延々と辺りが闇に包まれても続いた

DSC_0464izm2017.jpg


そうすると次に現れたのは
360度展開の空一面に瞬く星空
プラネタリウムそのまま

燦燦ときらめく星が無数に広がった天の川
目を凝らすと流星群も肉眼で見える

満天の星が煌く空に見入って身動きできず
またまた口をぽかんと開けて
首が痛くなるまでいつまでも空を見上げた

壮大なスケールの大自然出水
ツルが出水を選ぶ理由がわかった気がした

残念なことに今季は鳥インフルエンザが出てしまい
周辺は厳重な警戒態勢で消毒薬散布の車が一日に何度も巡回していたけれど
ツルそのものは変わらず生き生きと活動していて
そこに広がる広大な田畑は間違いなくツルの聖域だった




今回はデジカメは持参せずスマホのみ
この眼にしっかり焼き付けた
ご興味のある方は↓↓
鳥が怖い人は見ないでくださいww



















クレインパーク出水ツル博物館編に続く
(」*´∇`)」

category: おでかけ

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。